ゴルフスイングの勘違い 目次

ゴルフスイングの勘違い⑧・・・距離感について

更新日:

ゴルフスイングの勘違い 目次

ゴルフスイングの勘違い①・・・脇を締めるのと腕を体にくっつけるのとは違いますよ

ゴルフスイングの勘違い②ゴルフスイングは全部同じでちょっと変えるんですよ

ゴルフスイングの勘違い③・・・グリップの強さ

ゴルフスイングの勘違い④・・・アームローテーション

ゴルフスイングの勘違い⑤・・・できないこともありますよ

ゴルフスイングの勘違い⑥・・・ゴルフスイングは体なのか腕なのか

ゴルフスイングの勘違い⑦・・・自分の感覚と実際はかけ離れていますよ

ゴルフスイングの勘違い⑧・・・距離感について

ゴルフスイングの勘違い⑨・・・スイングのスピードとヘッドスピード

ゴルフスイングの勘違い⑩・・・一番意識するところはどこ?

 

 

 

【ゴルフスイングの勘違い⑧・・・距離感について】

 

ゴルフのスコアアップに欠かせないものはたくさんありますが

その中でもとても重要なものがあります。

 

 

それは距離感です。

 

 

距離感とは

目標までを測る距離感

ボールを飛ばす距離感があります。

 

 

目標までの距離を測るのは

今はGPSでの距離計測器が優れているので

そちらを使えば簡単に知ることができます。

 

 

それでもグリーン近くなった時に

ピンまでの距離やグリーンエッジまでの距離など

正確に知る必要があります。

 

 

ここでしっかり距離を測ることができないと

ピンに寄せられませんね。

 

 

ではどうやって距離を測っているのでしょうか。

 

 

 

 

見た目

目測

歩測

 

 

これはすべて必要になります。

まずは見た目でなんとなくの距離を把握します。

だいたい何ヤードくらいかなと。

 

 

そのあと目測で10ヤード刻みに測っていきます。

あそこまで10ヤード、あそこまで20ヤードと

見た目の10ヤードがピンまでいくつあるか測っていきます。

 

 

そして時間があるときは歩測します。

一歩1ヤードとしてグリーンエッジまで

そこからピンまでを測ります。

 

 

ここで勘違いしてはいけないのは

目測、歩測ともに訓練が必要だということです。

日頃から一歩1ヤードをなるべく正確になるようにします。

 

 

ぼくは1ヤード(約91cm)の距離を測り

そこを何回もまたぐ練習をしました。

 

 

日常生活では横断歩道の白線とそうでない部分

をたすと1ヤードくらいですので

横断歩道を渡るときは必ず大股にまたぐようにして

一歩1ヤードを体に覚えさせました。

 

 

そして一歩1ヤードを体に覚えさせたら

何もないところで目測してみます。

例えば今あるいている道路の先に何か目標を見つけます。

 

 

自動販売機や電信柱、お店の入口までなど

なんでもいいので決めて目測します。

だいたい10ヤードかな、20ヤードかなと。

 

 

そしてそこまで歩測します。

そして目測と歩測があっているかを確認します。

 

 

ここまでやるとかなり距離感がつかめてきます。

ここでわかるのは歩測があって、目測が養われるということです。

目測が先に来るのではありません。

 

 

ですのでまずは歩測で一歩1ヤードを身に着けるように

してみてください。

 

 

次にボールを飛ばす距離感です。

多くの人が距離感が合わなくてとか

距離を間違えてとか

ミスの言い訳にします。

 

 

では本当に距離感があるのでしょうか。

無いんです。

正確に言うとだいたいの距離感は誰でも

もともと持っているんですが

それを引き出せていないんです。

 

 

自分の持っている距離感を出すには

必要なものがあるんです。

それは何かというと、、、

 

 

1.ミートする

2.振り幅をきっちりと身に着ける

 

 

ということです。

これができていないと距離感があっても

それを出すことはできないんです。

 

 

ボールを投げるという行為は

ボールをちゃんと持っているから

狙っているところに投げられるし

距離も合わせられます。

 

 

クラブフェースの芯でボールを打つことは

ボールをちゃんと持つことと一緒です。

 

 

ですからミートすることが大前提になります。

ミートすることができたらあとは振り幅です。

振り幅を一つ、もしくは二つ覚えてしまえば

あとは調整次第で微妙な距離感も出せるようになります。

 

 

ここではミートする方法、振り幅を覚える方法は

説明は省略させていただきますが

 

 

ミートできる+振り幅を調整する

この二つが合わさって自分の距離感を出せるようになることを

覚えておいてください。

 

 

ですので距離感が合わない、合わせられないという人は

ミートしていない

振り幅のコントロールができていない

どちらか、もしくは両方ができていないということになります。

 

 

まとめますと

 

距離感はもともと備わっている感覚ですが

目標までを測る距離感ボールを飛ばす距離感

を引き出す方法を身に着けないといけません。

これには訓練が必要で

 

 

ボールを芯でとらえること

振り幅を覚えること

 

 

が必要になります。

これができれば距離感は合うように

なってきますよ(^^)

 

 

絶対にやることをおススメします!

 

 

ゴルフの悩みや質問はコチラでも受け付け中です(^^)

↓↓↓↓↓↓↓↓

スマホの方はコチラでお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

 

ゴルフ上達のポイントも配信しておりますので

友だち追加お待ちしてますね(^^)

 

友だち追加していただいた方には

私の本

 

「ゴルフ上達の早道―基本の繰り返しで速攻100切り!!」

 

をプレゼントさせていただいてます(^^)

数に限りがありますのでお早めにどうぞ!!



-ゴルフスイングの勘違い 目次

Copyright© 長谷部道明のゴルフ簡単ステップアップ! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.