ゴルフスイングの勘違い 目次

ゴルフスイングの勘違い④・・・アームローテーション

更新日:

ゴルフスイングでおきやすい勘違いについてお伝えしています

ゴルフスイングの勘違い 目次

ゴルフスイングの勘違い①・・・脇を締めるのと腕を体にくっつけるのとは違いますよ

ゴルフスイングの勘違い②ゴルフスイングは全部同じでちょっと変えるんですよ

ゴルフスイングの勘違い③・・・グリップの強さ

ゴルフスイングの勘違い④・・・アームローテーション

ゴルフスイングの勘違い⑤・・・できないこともありますよ

ゴルフスイングの勘違い⑥・・・ゴルフスイングは体なのか腕なのか

ゴルフスイングの勘違い⑦・・・自分の感覚と実際はかけ離れていますよ

ゴルフスイングの勘違い⑧・・・距離感について

 

 

【ゴルフスイングの勘違い④・・・アームローテーション】

 

長谷部です。

 

ゴルフスイングでの勘違いはたくさんありますね。

止まっているボールに対してクラブヘッドを振りぬきますから

いろんな方向からでも当てられます。

 

 

ただし

目標にボールを飛ばすなら一定の方向からしかクラブヘッドを振り抜けません。

そのクラブヘッドの振りぬく時の動作に勘違いがあります。

 

 

ゴルフスイングにおいて最も悪さをするところが手です。

ミスショットの多くは手の動きすぎが原因です。

原因はたくさんありますがフェースの向きを正しくするのも

毎回違う向きにしてしまうのも手です。

 

 

 

精度の高い、ピンポイントでボールを目標に飛ばすには

手の動きを極力なくしてスイングしたいんです。

手の動き=フェース動き

といつも認識しておきましょう。

 

 

勘違いはこちらも↓↓↓

スイングの勘違い③・・・グリップの強さ

 

 

 

 

アームローテーションが必要かどうかということに

勘違いがあります。

アームローテーションは必要最小限に行うのがベストです。

 

 

 

そして体の回転と同調して自然に行われるのがいいです。

無意識に、勝手に行われているのがいいです。

ただし自分の狙っているラインに対して振りぬかれているかどうか

目標ラインにボールを打ち出せているかどうか

これが重要になります。

 

 

 

テークバックで必要以上にフェースを開いたり

腕を回転させているスイングは

ダウンスイングでそれをもとに戻す動作が必要になります。

 

 

 

フェースだけ開いている状態でしたら戻すのは簡単で

体の回転で戻せますが

腕を回転させすぎている場合

もとに戻すのも自分の意志でしっかり行う必要があります。

 

 

 

そうするとグリップにも力を入れる必要がありますし

戻すタイミング、戻す量のコントロールが必要になります。

スイング軌道のずれが起こる原因になります。

 

 

 

現代のクラブにおいてはあまり必要のない動作です。

 

 

 

ですがスイングを作り上げていく途中では

様々な勘違いが起こるのでそれをしっかり認識したうえで

最終的に無意識にできるようになる必要があります。

初めからできる人はいませんので(^-^;

 

 

 

アームローテーションが足りない人は意識して行わないといけませんし

必要以上にアームローテーションしている人はそれを少なくする必要があります。

 

 

 

自分の打ったボールをよく見ることが必要になります。

ボールが自分のスイングを教えてくれていますので。

 

 

 

引っ掛け、カット打ち、大きなフックなどはアームローテーションしすぎていますし

プッシュアウト、チーピン、大きなスライスなどはアームローテーションが足りないです。

ほかにもいろいろあります。

アームローテーションが足りないとダフリやすくなりますし

アームローテーションが多すぎるとトップしたりします。

 

 

 

これはいつもボールを打った時に確認する必要があります。

飛んでいるボールがどうなっているか。

これで確認する必要があるんです。

インパクトゾーンの一瞬の動きの中の動作を確認することは

動画を撮って確認しても確認しきれない部分が出てきます。

 

 

 

ですからトラックマンなどの測定器が必要になるんですね。

弾道から自分の動き、スイングを判断するんです。

 

 

 

ですがトッププロでもない限りは

見た目の判断でOKです。

 

 

 

ここで注意しなければならないことは

自分ではしてないつもりがしていたり

してるつもりがしてなかったりすることが

沢山あるということです。

 

 

 

それを早く自分の中に受け入れて修正することが

とても大切です。

その修正には違和感があるんです。

その違和感を正しいものするまでの慣れが必要です。

 

 

 

練習しかありません。違和感と戦っていくしかありません。

特に一人で練習している時に

すぐに違和感がなくなってしまう場合は

もとに戻っている可能性があります。

 

 

 

ここで根気よく確認を怠らずに練習できれば変わってきますし

だれかほかの人に確認してもらうことも変わるためには

必要かもしれませんね。

 

 

 

いつも自分の打ったボールを確認して

原因と修正をするようにしていけば

上達することは間違いないですよ(^^)

 

 

ゴルフの悩みや質問はコチラでも受け付け中です(^^)

↓↓↓↓↓↓↓↓

スマホの方はコチラでお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

 

ゴルフ上達のポイントも配信しておりますので
友だち追加お待ちしてますね(^^)

 

友だち追加していただいた方には
私の本

 

「ゴルフ上達の早道―基本の繰り返しで速攻100切り!!」

 

をプレゼントさせていただいてます(^^)
数に限りがありますのでお早めにどうぞ!



-ゴルフスイングの勘違い 目次

Copyright© 長谷部道明のゴルフ簡単ステップアップ! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.