素振りは最高のゴルフスイング習得ドリル

ゴルフスイング上達に効果のある素振り②長いものを振る

更新日:

長谷部です。

 

 

ゴルフスイングの上達には素振りがとても大切です

 

 

ゴルフボールを打つ練習だけでは覚えるのが難しい、
リズムやタイミング、インパクトゾーンの振り抜き、スイングバランスなどを
素振りをすることによって習得できます。

 

 

素振りの方法もいろいろありますので
特にゴルフスイング上達に効果のある素振りをご紹介しますね。

 

 

素振りがとても大切なことは
コチラを読んでいただければご理解いただけると思いますので
まだ読んでない方は読んでみてくださいね
↓↓↓↓↓↓↓
ゴルフ速攻上達するなら素振りしましょう!

 

 

ゴルフスイング上達に効果のある素振り②長いものを振る

 

 

 

 

前回は左手一本で素振りすることをお伝えしました。

↓↓↓↓↓↓↓

ゴルフスイング上達に効果のある素振り①左手一本素振り

 

 

右手主体になると右手に力が入りすぎてミスショットになります。
左右のバランスをよくすることでナイスショットが増えてきますので
ぜひやってみてくださいね!!

 

 

今回は長いものを振る素振りです。

 

 

 

 

長いものを振る効果

 

 

長いものを振るときは、短いものを振るよりも
手先の小さな動きでや
速いテンポでは振りにくいですよね。

 

 

これは
長いものほど重さがしっかり感じるようになり
振ると遠心力が大きくなるからです。
この長いものを振っていると

 

 

自然とゆったりしたスイングになりやすい

体を使った大きなスイングになりやすい

 

 

という効果があります。

 

 

昔から竹ぼうきで素振りする練習は有名ですね。
私も研修生のころはよく竹ぼうきを使って素振りをしてました。

 

 

ブ~~ンという感じで自然と大きいアークでスイングをするようになり
腕の脱力、遠心力、体を大きく使って回転する、下半身の安定
などが理解できてきます。

 

 

 

最近では素振り用の長い棒がたくさん市販されています。
どれも効果があると思うので一本
キャディーバッグの中に入れておいてもいいですね。

 

 

入れておくだけではいけませんよ。
練習の前とか、ラウンドの前とかにウォーミングアップで利用したり
日頃のスイング作りにどんどん素振りしてください。

 

 

 

特にラウンド前なんかは
ストレッチもかねてゆっくり、大きくスイングするのが
とても効果があると思います。

 

 

トーナメントの練習場でも
トッププロたちがさまざまな素振りをしていますよね。

 

 

 

素振りをしないで上手くなった
という人はあまり聞いたことがありません。
特に今ほどレッスンが確立していない昔のゴルファーの
スイングを作る練習方法は必ず素振りでした。

 

 

 

ただ
なかなか日頃、素振りをできる場所や時間がないんですよね。
家の前や近くの公園などでは危険ですから十分に注意して下さい。

 

 

そうなると
やっぱりゴルフ場やゴルフ練習場で素振りをするしかありません。
特にゴルフ練習場では50球打つところを50回素振りすれば
100回スイングできますから練習の効果がすごくアップします。

 

 

 

長いものがなくてもドライバーのヘッドカバーを付けたまま
素振りすることで同じ効果が得られます。
ヘッドカバーが飛んでいかないように
輪ゴムで固定するなどしてくださいね(^-^)

 

 

まとめますと

 

 

長いものを振ると

 

 

手先で振らずに体を使って振る

ゆっくり大きくスイングする

遠心力を感じる

 

 

などが理解でき、続けていくうちに体が覚えてきます。

 

 

 

なのでぜひ

長いものを振る素振りを実践してみてくださいね(^-^)

 

 

 

ゴルフの悩みや質問はコチラでも受け付け中です(^^)

↓↓↓↓↓↓↓↓

スマホの方はコチラでお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

 

ゴルフ上達のポイントも配信しておりますので
友だち追加お待ちしてますね(^^)

 

友だち追加していただいた方には
私の本

 

「ゴルフ上達の早道―基本の繰り返しで速攻100切り!!」

 

をプレゼントさせていただいてます(^^)
数に限りがありますのでお早めにどうぞ!

 

ではまた!!

 

 

-素振りは最高のゴルフスイング習得ドリル

Copyright© 長谷部道明のゴルフ簡単ステップアップ! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.