ゴルフスイング上達ドリル

左手一本で打つ練習はゴルフスイングの土台を作ります

更新日:

スイングで欠かせないのが左サイドの正しい動きです。

特にインパクト時の左ひじの曲がりや脇が開いた状態では

いつも同じインパクトはできません。

 

 

アドレスからインパクト後まで左ひじは伸びているのが理想です。

しかもそれは突っ張った伸び方、つまり伸ばそうとして伸びている

状態はあまりよくありません。

 

 

スイングによって自然と伸ばされている

もしくはアドレスの状態がキープされているのが良いです。

ではどうすればできるのでしょうか?

 

 

 

 

簡単です。

左手一本でスイングします。

初めは全然当たらないかもしれませんが

練習しているうちに当たってきます。継続が大事です。

 

 

まずは素振りをしましょう。

左手一本でもっても左手だけで振るわけではありません。

体と一体でスイングします。

脇を軽く締めて肩の回転、下半身の動きでスイングします。

 

 

右手だけも練習しましょう↓↓↓↓

体との一体感が生まれる右手だけで打つ練習

 

 

 

初めはハーフスイングくらいから始めて徐々に大きくしていきます。

この時、体は回しますが腕は回さないようにします。

アームローテーション、フェースローテーションはしません。

 

 

基本的には腕を回すと体は回らなくなります。

ですから体をターンさせるときは腕を回してはいけません。

腕は体の一部として意識してください。

 

 

そしてインパクトゾーンはストレートに意識します。

手でなぞるようなことはしません。

体の回転と一体に左腕が振られて

フォロースルーではクラブヘッドに遠心力が働いていることを意識することで

ヘッドをまっすぐに振り出すようにします。

 

 

この遠心力が働いていることを感じ取ることが練習のポイントでもあります。

遠心力が働くとヘッドと体の距離感が一定してきて球を捉えやすくなります。

 

 

そしてもう一つ意識することは

左サイドがスイングをリードしているということを

感じ取ることです。左サイドが先行して回転することを

体で感じてください。

こちらを参考にしてみてください
↓↓↓↓↓


このドリルで得られる体の動きや感覚は

スイングの土台になるものです。

 

 

基本的な動作がすべて詰まっているといってもいいと思います。

これはドライバーからパターまで同じです。

同じ感覚という意味で全く同じ動作ではないことは理解してくださいね(^^)

 

 

練習の基本ドリルとしていつもやっていただけると

スイングがきれいになるし

ショット力が必ず向上しますよ(^^)

 

 

ゴルフの悩みや質問はコチラでも受け付け中です(^^)

↓↓↓↓↓↓↓↓

スマホの方はコチラでお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

 

ゴルフ上達のポイントも配信しておりますので

友だち追加お待ちしてますね(^^)

 

友だち追加していただいた方には

私の本

 

「ゴルフ上達の早道―基本の繰り返しで速攻100切り!!」

 

をプレゼントさせていただいてます(^^)
数に限りがありますのでお早めにどうぞ!

 

-ゴルフスイング上達ドリル

Copyright© 長谷部道明のゴルフ簡単ステップアップ! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.